DMCについて

DMCは1746年にフランスのアルザス地方ミュルーズで、ヨーロッパで初代の織物製造業者として誕生しました。常に最上質の素材、独自の最先端技術を駆使して最高級の糸作りに専念してきたDMCは、創立から250年以上経った今日も、ヨーロッパを中心に世界120ヶ国以上においてテキスタイル、綿糸メーカーのリーダーたる地位を確立しています。

日本では、1985年にDMC日本支社(ディー・エム・シー株式会社)を設立し、手芸部門のビジネスを展開しています。現在DMCは、長年愛され続けている刺しゅうアートの手作りの楽しさを伝承していくとともに、簡単でしかも洗練されたデザインの小物類、ぬいぐるみやアクセサリー製品をアイテムとして加え、更なる躍進を目指しています。